初心者のためのFX外貨用語解説>スポット

初心者のためのFX外貨用語解説の管理事項
  1. 相互リンクについて
  2. 資産運用*
  3. ご利用案内
姉妹サイト紹介
分散投資web資産運用編
分散投資webFX(外国為替証拠金取引)編
分散投資webインデックスファンド編

初心者の資産運用入門|お金増やす計画net
  1. 資産運用入門
  2. FX(外国為替証拠金取引)入門
  3. 投資信託(ファンド)入門
FXで資産運用計画〜10倍にお金を増やす
  1. 真のFXパーフェクトマニュアルとは
  2. 0から始めるFX体験記
  3. FXの始め方
インデックスファンドで資産運用
資産運用のための投資信託用語解説
年利20%の資産運用-スワップ金利で皮算用
資産運用ブログ-外貨FX投資編
【さ行】 スポット


 直物(じきもの)為替レートのこと。
 スポットレートという。

 FXには、
 スポット取引(直物取引)と
 フォワード取引(先物取引)の2種類があります。

 現時点での値段で取引することをスポット取引。
 現時点において、将来の値段で約定してしまう取引を、フォワード取引といいます。

 スポット取引では
 通常、取引成立日(約定日)の翌々営業日に受渡しが行われます。
 決済注文が成立したのが、月曜日の場合、水曜日が受渡日になります。

 ちなみに
 新規注文を出した日に、決済注文が成立しない(わざと成立させない)場合、ポジションを持ち越すことになります。
 そうすると
 自動的に受渡日が1営業日繰延べられます。
 これをロールオーバーといいます。

 スワップ金利はロールオバーされると発生します。
初心者のためのFX外貨用語解説 相互リンク集
生活情報 ←【内容】健康・法律・恋愛・心理学
資産運用 ←【内容】投資・銀行・保険
カード ←【内容】カード・消費者金融
金儲け ←【内容】情報起業・お小遣い・アフィリエイト
自己啓発 ←【内容】資格・学習・スキルUP・能力開発・転職
その他 ←【内容】上記以外

(C) 初心者のためのFX外貨用語解説